働空間

追い風 ちちぶワーケーション

追い風 ちちぶワーケーション

注目を浴びるワーケーションの必要性が色々な場所で展開を見せています。

働空間は、ちちぶ地域にワーケーションしやすい場所を提供し、テレワーク環境を創っています。

ワークスタイルは多様化しています。これから緊急事態宣言解除に向けた中で、更にワーケーションが加速しそうです。

自民党議連でも、ワーケーション推進議員連盟(鶴保庸介会長)では、ワーケーションの普及に伴い、新しい働き方の起爆剤とみて推進していく模様です。副会長に地元選出の国会議員(小泉龍司先生)も名を連ねていて、そういった動きからも、ちちぶワーケーションの更なる加速が予想されます。

https://www.kankokeizai.com/%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%85%9A%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E8%AD%B0%E9%80%A3%E3%80%81%E9%96%A2%E4%BF%82%E5%9B%A3%E4%BD%93%E3%81%AB%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3/

働空間としては更なるテレワークの充実。秩父地域から首都圏に通勤されている方のサポート。勤怠環境の多様性に対応できるサービスの提供。新しいZoom営業等のサポートや、テレビ会議の充実、普及に1市4町と一緒に考えながら展開をする予定です。

その後のサテライトオフィスやスタートアップの企業誘致、そして地元企業との関係企業づくり。多様性ある人材の移住の推進も含めて、この秩父に必要な企業として展開して参ります。

 

NEWS一覧へ
ワーケーション 一番上に戻る