働空間

秩父初体験!3泊4日の手軽にワーケーション!

秩父初体験!3泊4日の手軽にワーケーション!

夏本番になってきました。ワーケーションは夏から始めるのが良いかと思います。

「ちちぶワーケーション」は予算もかからず、負担も無く始められます。

たっぷり仕事を持ってきて、秩父にこもる。

先ずは、ワークスペースを選択。働空間西武秩父駅前オフィスはベース基地として利用価値あり。ここで情報を仕入れる事から始めます。

滞在中のアクティビティをチョイス。日にちと時間を設定したら、いざ仕事。ここで終日ワークして、宿泊先の働Co-livingちちぶサテライトへ直行。チェックインは働空間で済ませることが出来るので、部屋に直行できます。

周辺に飲食店がたくさんありますので、夜は大満足なこと間違いなし。

さて2日目。アクティビティで予定した、朝から座禅しに山寺へ。気持ちがすっきりしたところでワークに向かいます。帰りがけに立ち寄ったJAで、秩父の食材をゲット。2日目のワークスペースは、働空間ちちぶサテライト。宿泊施設内にあるので、荷物は置いたままで、秩父を散策。歩いて2分の秩父神社へ参拝する事も出来ます。

ここのコワーキングスペースはシェアキッチンもあるので、その食材を使って夕食。食後は気に入ったバーを見つけたので、イチローズモルトを頂きに、秩父の夜を楽しみます。

3日目の宿は、雰囲気変えて、古民家コリビング「町住客室秩父宿」の多豆棟へ‥。ここへ宿泊すると、宿泊証が頂けて、町中20店舗を楽しく散策できる仕組みがあります。先ずは、たい焼き屋を探しに街中へ、宿泊証を見せると、お金払わずに頂くことが出来ます。そして100年稲荷寿司の「武島家」へ‥

銭湯に入ります。これも宿泊証で利用可能。

秩父街中を満喫したら、おばあちゃんちに泊りに来るような感覚で宿泊。ここもコワーキングスペースが併設「和空間多豆」が併設していて、翌日のワークはここで決まり。

4日目になりました。最終日。宿泊先の多豆でワークをします。午後から地元の利用者さんが集まってきます。??PC作業ではなく、手作り雑貨を作ってます。そうです、ここは地元の作家さんが集まるスペース。コワーキングスペースもここでは作家さんがコミュニティを作って活動しています。

そこで、アクティビティのひとつ。開催しているワークショップに参加します。

お土産は自分で作ったオリジナルのペン。大事に抱えて帰路に着きます。特急ラビューで一気に都内に戻れるこの近さ。1500円という破格にもびっくり。手軽さはここでも味わえる「ちちぶワーケーション」です。

NEWS一覧へ
ワーケーション 一番上に戻る