働空間

泊まる 泊まる 見学・メンバー申し込み 見学・メンバー申し込み

変わる働き方での損得、年代別の違い!

変わる働き方での損得、年代別の違い!

メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用に変わりつつある時代、年代別に考えて、これから押し寄せてくる新しい働き方がどのように影響してくるか。を検証してみます。

若い世代(20~34)中間世代(35~49)現役世代(50~64)シニア世代(65以上)と仕分けした場合を考えます。

若い世代は、何も考えずにやる気のある人から素直に受け入れられるでしょう。どんどん能力が上がるので、40歳で夢を叶えるプランで行動していくと現実性出てきます。これからどんどん出てきますので周りに追随して感化される環境になるでしょう。全体的にボトムアップされ、日本経済を支えていく精鋭が生まれてくると思われます。今後の日本に良い光が見えるでしょう。

中間世代は、このことを早めに気付くと良い流れ、活躍する若い世代と共に、いや、年上に人間関係を持っている人は、それ以上に活躍する人材が現れるでしょう。今まで年功序列の最下位にいた人間で、これからという時に人生のはしごを外されることになりますから、昭和生まれ最後の残念な世代と早く知ることが必要です。今までのレールはありません。

現役時代は、少数精鋭、飛び抜けると目立つ存在、向上心持つ事で安定に向かうでしょう。しかしながら、そこを間違えると、再起不能になります。周りに合わせながら、昭和末期の残りの残党兵士を使えて行くも、袋小路になってしまいそうです。敵は少ないので、早めの対応、目立つ存在になりたいです。

シニア世代は逃げきれます。今までの安定的な収入を持ち、無駄な行動に出なければ、安泰です。早く若い人にバトンを渡し、尊敬される行動をとり、たまに報告を聞くかのように今の動向を聞いていけば嫌われることもありません。昔の話は、若い世代にせず、したくなったら、昭和生まれの人材を捕まえ酒のつまみに昔話をすれば、その年代は聞いていた経験がありますので、柔軟に耳を傾けます。

今の働き方改革から、時代に沿った立ち位置、スタイル考え方を創り上げる必要が出てきました。

NEWS一覧へ
一番上に戻る