働空間

泊まる 泊まる 見学・メンバー申し込み 見学・メンバー申し込み

コワーキングスペースはアフターコロナに必要な空間

コワーキングスペースはアフターコロナに必要な空間

都内のどこの企業も、オフィス空間の整理に入っている。在宅テレワークが無期限で始まり、広いオフィスを必要としなっくなった今、不景気に打ち勝つため企業側は、借りているオフィスの利用面積を縮小してコスト削減をすすめている。

不動産を持っているオーナーは空いていてももったいないので、需要と共にコワーキングスペース化へとフロアーのリニューアルを進めている。

各企業で、在宅テレワークは始まったものの、満喫派と不便派と感じ方も色々です。企業は、このオフィスリニューアルのタイミングで、固定ディスクにせず、フリーアドレスとして、社員は実際に会社に戻っても自分のディスク、帰る所もない。

夫婦共働きで、自宅のテレワークはダブルで在宅、又は子どもと空間を共にしながらの環境。会議等お互いのスケジュールを調整し、ZOOM等の音問題等を相談しながら在宅テレワークでの環境を調整している。

異業種が集まるコワーキングスペースは営業先としての機能もあり、アフターコロナ、今の時代に必要な空間です。

NEWS一覧へ
一番上に戻る