働空間

国が発信する働き方改革を、企業は素直に受け取るのか!

国が発信する働き方改革を、企業は素直に受け取るのか!

国が進めている働き方改革。時間での改革だけが目立っていて、実際の中身などはあまり感じ取れないような感じが受けて取れます。そうなると企業側の費用がかさんでしまって、企業体力のない中小零細はさらに苦しいことに‥。

少ない人員で、一定時間内で行う作業効率、そして副業推進。そのような国の働き方改革推進を取り込んだ企業が答えを考え出すと、労働者へのしわ寄せという結果が生まれるのですね。ではどうしたら良いのでしょうか。

それは労働時間の規律と作業場所の定義を解くことによって生まれる「働き方改革」を推進するのが良いのではないでしょうか。それにより、時間の余裕と、心理的環境の変化が生まれ、仕事が楽しいという考えに繋がります。副産物として通勤渋滞と集中休暇による週末渋滞緩和が成果として出てくるでしょう。

家族も大喜びです。

NEWS一覧へ
ワーケーション 一番上に戻る