働空間

働き方が変わる そんな瞬間を感じました

働き方が変わる そんな瞬間を感じました

一般社団法人日本テレワーク協会が主催となる「ワーケーションスタートアップ!」フォーラム  というものに参加してまいりました。総務省・厚生労働省・国土交通省・環境省・経済産業省等の後援する事業、和歌山・長野を代表する各参加自治体も多く協力されワーケーションがスタートしました。

最もこの件に先進な和歌山県の事例などを上げて、わかりやすく紹介。さすがにこの実績があるから、IT関連企業の誘致が進んでいるんだなぁと感じた次第です。

部署ごとで数日間滞在し、学びの部分での研修と、異業種地元企業との交流イベント、ボランティア作業(和歌山では熊野古道を整備する事例を紹介)テレワークから進化を遂げたワーケーション。社員旅行が無くなった今、それに代わるものと説明すると何となく理解頂けると思います。

歴史文化や自然、地域イベント(祭など)そして地方の公共団体との協力を得られることが、ワーケーションの計画しやすい環境です。パッケージを組んで旅行会社が商品として販売する時代がすぐにやってくると感じました。

秩父がもし手を挙げるとするならば、鎌倉市と下田市のワーケーションプロジェクトがお手本になるのでは‥

NEWS一覧へ
ワーケーション 一番上に戻る