働空間

コト主義ホテル拡大。リノベで色々な種類の宿泊施設へ

コト主義ホテル拡大。リノベで色々な種類の宿泊施設へ

ワーケーションを進める上で、宿泊施設が大切になります。もし本格的に行う場合、宿泊施設の不足が予想されます。

今各地域で会社の福利厚生を目的で保養所施設や廃校施設、古民家など古い施設を新型ホテルにリノベーションする「リノベホテル」と言われるような宿泊施設に変化させる形態が広がっています。日経に「ちちぶホステル」が一例としても取り上げられていて、これから必要とする「リノベホテル」が秩父にも出てきました。

秩父の利点、実は「西武鉄道」が握っています。安価で移動できるこの利便性は、宿泊にお金をかけやすい。それは宿泊する(コト)を目的とした旅行にはピッタリな地域なのです。

ワーケーションを始め古民家に泊まる等の宿泊自体を(コト)とした場合、全国を巡れば各所に発生してきた「コト主義時代」に乗ったホテルが出てきましたが、どこにいっても移動手段は新幹線や飛行機になります。西武鉄道のお力を借りることで、宿泊に費用が回せるこの地域。以外にも秩父には平日1泊3万円以上のハイクラスは無いので、この地域には必要かと思います。

 

 

NEWS一覧へ
ワーケーション 一番上に戻る